転職のつなぎに、希望の職業につくために

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。

即日融資可能なキャッシングの注意点

今まではキャッシングの審査に時間がかかっていたため、キャッシングを申し込んでから実際にお金を借りるまでにある程度の時間がかかることがふつう

でした。しかし、最近は申し込んだその日のうちにお金を借りることができる、即日融資を行う業者が増えています。

即日融資を受けることができるキャッシングの一番のメリットは、お金が必要なときにその日のうちに融資を受けられることです。店舗で人間と対面せずに

借りることができるのもメリットと言ってよいでしょう。なんといっても借金をするという後ろめたさが減りますから。

ただし、24時間365日即日融資が可能なわけではありません。ほとんどは平日の決まった時間までに申し込みを行う必要があります。また、借りたお金は

業者と提携している銀行からでないと引き出せない場合もあります。近くにその銀行やその銀行のATMが無い場合は引き出すのに苦労します。

また即日融資が可能なキャッシングは、通常のキャッシングと比べても金利が高い傾向にあります。金利が高いということは月々の返済額や返済総額が

高くなるということです。つまり、通常のキャッシングより返済の負担が大きいことを意味しています。

即日キャッシングを使用する場合は、きちんとした返済計画を持って、必要最小限の金額のみ借りるように心がけましょう。

消費者金融のキャッシングの申込みはネットが便利

急な出費で困った時に消費者金融のキャッシングを利用できると便利です。家族に秘密でお金を借りたい時もあると思いますし、家族にばれないように申込むならネットが便利です。

消費者金融のキャッシングの申込みにもいくつかの方法があります。パソコンやケータイ、電話や郵送、もちろん、直接お店に行って申込めますが、誰にも会わずにキャッシングの申込みをしたい方がほとんどだと思います。

誰にも会わず、家族に秘密で申込むならやっぱりパソコンやケータイが便利です。

電話による面倒なやり取りもありませんし、本人確認書類もネットから送れます。

あと、自動契約機も誰とも会わずに申込めるので、パソコンやケータイを持っていない方には、近くの自動契約機で申込むといいでしょう。

ネットから申込むと確認の電話が消費者金融から掛かってきます。この時も消費者金融の名前は言わずに個人名でかけてくるので、家族が電話に出ても安心です。

審査はキャッシングを申込んで早くて1時間、消費者金融にもよりますが2時間ほどで審査結果が分かります。ちなみに限度額は審査によって決まるので、初めて申込む場合は、少なめに申込むと審査も通りやすくなります。

審査が通ったらすぐにお金を振り込んで貰えますし、急いでいる方にもスピーディに対応しています。

最近のキャッシングの申し込み方法について

以前にキャッシングを利用していたことがあったのですが、最近になってまたお金が必要となり大手の消費者金融のホームページでキャッシングの方法について調べてみることにしました。すると以前のような手間が必要なく、インターネットのみで申し込みが可能となっているのです。キャッシングをする際に必ず必要なのは契約です。

しかし、お金を借りる人にとって契約は人に見られたいものではなく、嫌な作業なのです。以前は店頭や無人契約機での契約が必要でしたが、最近ではインターネットで契約完了を行うことができるようになっています。

インターネットで必要事項を書き込み申し込むとメールや電話で連絡がきます。説明を聞き、身分証明をアップロードすれば作業は終了です。審査に通れば連絡があり、キャッシングを行うことができるようになります。カードは後日郵送で届けてもらうことができます。カードが届くまでにお金が必要な場合には、銀行口座への振込みを行ってくれるので、急ぎの場合にも対応することができます。

インターネットでできるのは申し込みだけではありません。返済や振込み依頼も行うことができるようになっています。その際にはインターネットバンキングの口座が必要になります。

キャッシングの利息の比較について

多くの人はキャッシングをするとき、その利息が気になると思います。

出来るだけ安いところで借りたいと思うのが人情でしょう。

まずオススメしたいのが無利息のキャッシングです。

最近は初利用で借りたい金額もそんなに多くないのであれば、無利息で貸してくれるところが本当に増えてきています。

なんで利息がかからないのだろうと心配する人もたまにいるみたいですが、大手であれば心配ありません。

金融業者側にも「新規顧客を獲得するため」「一度、無利息で貸しておけばその後またお金に困ったときにリピートしてくれる可能性が出てくるため」というメリットがあるから、最初は人件費分、赤字でも貸しているだけなのです。

利用回数、借りたい金額・期間など何らかの条件が無利息キャッシングの基準を満たしていない場合は、できるだけ安い利息で貸してくれるところを探すことになります。

複数の業者の利息を比べるときに注意したいのは、

「最低金利を比べてもあまり意味がない」という点です。

最低金利は限度額ギリギリまで借りる場合に適用されるものですが、限度額ギリギリまで借りられることはあまりありませんので、参考になりません。

各社のホームページなどでシミュレートしてみたほうが良いでしょう。

キャッシングのスピード審査について

キャッシングの審査はとてもスピーディーに行われます。特にパソコンやスマホなどによるWeb申し込みの場合では、最短で30分程度で審査結果を通知してくれるキャッシング会社もあります。これほどの短時間ながら審査はとても厳密で適切に行われます。申込者の属性や信用情報を的確に分析して返済能力の有無を短時間のうちにきちんと判断するのです。

このスピード審査を可能にしたのが、属性スコアリングによる高速分析です。申込者の属性を重要項目ごとに点数化して審査します。主な項目としては、年収や職業や勤続年数や生年月日などです。また家族構成や、既婚か未婚かや、持ち家か借家か、固定電話や携帯電話の有無や、同じ住所に長年住んでいるかなど、かなり細かい項目があります。これらは申込者の返済能力を判断する上で重要な項目となります。

キャッシングの審査でもう1つ重要なのが申込者の信用情報です。他社借り入れが3社以上あると審査通過は厳しくなります。また総量規制により年収の3分の1を超える借入れがある人はそれ以上の借入れはできません。過去に返済の滞納が3ヶ月以上ある場合も審査落ちしてしまいます。信用情報では、申込者が多重債務者になる可能性があると見なされると審査に通ることはできません。

キャッシング審査は、短時間にとても密度の濃い厳密な審査が行われます。スピーディーな審査は申込者にはとても好評です。これによって即日融資など利便性の高いサービスもスムーズに行えるのです。