銀行カードローン検査の中間とりまとめで今後の動向注意!

過剰貸し付けや審査業務の保証委託先への丸投げなど、銀行カードローンは社会的な問題となっています。昨年9月以降からは、銀行カードローンに対するモニタリングが厳しく行われ、メガバンクや都市銀行、地銀への立ち入り検査も行われ、銀行カードローンに対する改善が促されています。

その結果、中間報告のとりまとめが行われ、『顧客の状況変化を把握し、多重債務の発生抑制や利用者保護などの対応につなげる必要』という指摘がされています。銀行カードローンは、利用者の収入を超える貸付が問題視され、減少傾向にあった自己破産者の増加要因となっています。

今回指摘された『顧客の状況変化を把握』といった点は、銀行側が与信状況を確認する上で必要な情報源は、口座の取引履歴や個人信用情報、そして所得証明書類です。今後注意したいことは、貸金業者のように定期的に個人信用情報の照会を行い、与信状況の確認が強化される可能性が高くなっています。

そのため、複数社のカードローンを利用している、クレジットカードの利用残高が多い、各種ローンやクレジット利用残高が増え返済が遅延するケースがある方は、利用停止もしくは解約というリスクが高くなります。契約したら1年もしくは5年毎の自動更新だから安心して利用出来るという考えには注意が必要です。