キャッシングの審査通過には勤続期間が重要

キャッシングを申し込むなら出来る限り審査に通過しやすい条件を満たしておきたいところですが、意識的に準備ができて重要なポイントは今の職場をどれだけ続けているかという、所謂勤続期間です。

キャッシング会社としては貸したお金は返してもらわなければいけないので、貸す相手に安定した収入があるか、収入がなくならないかは非常に重要。

簡単に仕事を辞めて収入が無くなり、返済が滞りそうな人には貸せないので、信用できるかどうかの基準として勤続期間を見ます。

大まかの目安としては、勤続期間が半年未満だと、仕事をすぐに辞める人なのかを警戒されて、審査は非常に通過しにくくなります。

同じ会社であっても年単位で勤続しているアルバイターと、就職2ヶ月程度の正社員で比べれば、審査を通過しやすいのは勤続期間の長いアルバイターの方です。

また、勤続期間は長ければ長いほど良いというわけではなく、簡単に仕事を辞めないだろうと判断されれば、何年何十年と言う期間が無くても問題ありません。

勤続期間が1年以上、長くても2・3年もあれば、勤続期間は充分審査にプラスとして働きます。

ただし勤続期間は重要なポイントではあっても、それだけあれば絶対審査に通過できると言うものではない、ということは覚えておく必要があります。