学生はキャッシングできるのでしょうか?

学生の場合「キャッシング」ができるのかどうか、分からない事が多いと思います。

答えから言えば「学生でもキャッシングは可能」です。

基本的なキャッシングの申し込み資格は「20歳以上」さらに「安定収入がある」という事が条件になっています。

そのため未成年の学生は基本的にキャッシングができないという事になります。

ただし「親の同意がある場合」さらに「親が連帯保証人になる場合」はOKという金融機関はあります。

この場合は親の承諾を得て、連帯保証人になる事を承諾してもらった上でキャッシングを行う事になります。

しかしほとんどの場合、この相談をした時点で反対されるか、親がお金を貸してくれるかの二者択一になると思います。

未成年者の間はキャッシングに頼るよりも、親にお金を借りる事をおすすめします。

20歳以上の学生でも「アルバイトなどの定期収入」がない場合は、キャッシングの審査に通らないケースがあります。

安定収入がなければ、キャッシングをする事はできないからです。

ただし「親からの仕送り額が多い場合」または「親の勤務先や年収を申告した場合」は審査に通る事があります。

この場合は最終的に親に返済の義務が移行する事が考えられます。

学生がキャッシングをする時は、返済できると確かな自信がある時、親に迷惑を掛けないで済むと思う時だけにしましょう。