カテゴリー: 返済

多重債務者が増えているカラクリとは?

銀行カードローンの金利は低いと言われていますが、本当にそうでしょうか?メガバンクのカードローンの金利は年14%台が基本です。しかし我々がこれらの銀行に預金をしても年0.001%しか利息が付かず、さらに約20%の税金が引かれるのです。おまけにATMの手数料を1回でも支払ったら、完全に赤字でしょう。これでは銀行が儲かるはずです。

しかも銀行は金利が低い住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどよりも数倍儲かるカードローンに力を入れています。

まるでバブル期のように「どうか使わなくていいから契約だけして下さい」と頭を下げます。ローンカードを作成したら、つい使いたくなるのが人間の心理です。一度カードでお金を引き出す味を占めたら、もう止められなくなる方が多いのです。最近銀行カードローンが多重債務者の温床になっていると言われる原因は、銀行の営業マンの悪魔の囁きから始まるのです。

ですからカードローンを必要なければ、きっぱりと断る勇気が必要です。

口座引落としが推奨される理由とコンビニ返済の利便性

キャッシングには、様々な返済手段があります。いわゆる口座引き落としやコンビニでのATMなど、色々な手段がある訳です。

ところで金融会社としては、その中では引き落としを推奨している傾向があります。なぜなら、それには遅延リスクに関するメリットがあるからです。

当然ですが、金融会社から借りたお金は所定の期日までに返す必要があります。返さなかった場合は、遅延損害金などが生じるので注意を要するでしょう。

ところで人によっては、たまにその期日を忘れてしまっているのです。毎月1回くらいの頻度で返していく事になるのですが、たまにその返済日を完全に忘れてしまっている方も見られます。

払込用紙などを用いる返済方法ですと、返すのをうっかり忘れてしまう事もあるのです。しかし自動引き落としならばそのリスクも低めになります。ですので金融会社としては、リスク軽減の為に口座引き落としをおすすめしている事が多いです。

ちなみにキャッシングの利用者としては、その口座引き落としの他に前述のコンビニを併用している事が多いです。というのもサラリーマンの方などは、コンビニに立ち寄る機会が大変多いです。

ましてコンビニの場合は、利用時間に関するメリットもあります。24時間いつでも利用できる訳ですから、サラリーマンにとってはとても便利な返済方法なのです。ですので上記の引き落としと併用しているサラリーマンなども目立ちます。

ただしコンビニが可能か否かは、金融会社次第です。一部の金融会社ではコンビニでの返済は不可なので、注意を要するでしょう。

キャッシングの返済期間について

最近ではキャッシングを始めると、初月は利息が0円という会社も出てきました。だからと言って必要以上にキャッシングをしてしまうと返済に苦労します。まずは必要最低限の金額だけ借りて、余った分は返済に回すという習慣を身に着けることが大切だと思います。そうすることで、返済にかかる期間も短くなりますし、利息も低く抑えられます。

せっかくキャッシングできるんだから多めに借りようというのではなく、「必要最低限」を意識することが大切です。どの消費者金融も広告をみていると思わず借りれるだけ借りたくなってしまいます。しかし、借りたものは必ず返さなければいけないということを忘れずキャッシングとうまく関わっていけばよいと思います。

返済を忘れないためにも口座振替が便利

キャッシングを利用した当初はどのみちお金がカツカツだったので無理だったのですが、最近は余裕があるので口座振替を利用するようになりました。当時は支払いの期日ギリギリまでお金が無かったのですが、余裕がある時には口座振替が本当に便利なんです。

まず、お給料が出たらそれをおろしに行くのですが、その時に口座振替専用の口座にお金を移動させます。この時通帳記帳も一緒に行うので、確認も楽ちん。一応インターネットからも引き落としが確認出来るようにしています。その方が確実ですから。

こうやって早めに用意しておくと、それだけで気持ちも違います。しっかり計画的に出来ている気分になるので、支払いも苦しくなくなってきました。経済観念をしっかり身につけたいという方にもおすすめです。

複数社からの借金はおまとめローンで返済をしてしまおう

もしも、複数社から借金をしている状態が長い期間続いてしまうと、ひとつひとつの借金に対して利息が発生し続けてしまうことになるのでいつの間にか返済をしなくてはならない借金の額が膨らんでしまいかねません。

もちろん、複数社から借金があるような場合であっても計画的に月々の返済ができるのであれば問題はないのですが、なかには借金の返済に充てるお金を借金で工面する人もいます。いわゆる自転車操業の状態に陥ってしまうのです。そのため、複数社から借金があり、その返済が厳しいと感じているときにはおまとめローンに借り換えて一旦、すでにある借金を返済してしまうのが賢明です。

そうすることで発生する利息を大幅に減らすことができるようになるからです。