カテゴリー: 申し込み

転職のつなぎに、希望の職業につくために

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。

消費者金融のキャッシングの申込みはネットが便利

急な出費で困った時に消費者金融のキャッシングを利用できると便利です。家族に秘密でお金を借りたい時もあると思いますし、家族にばれないように申込むならネットが便利です。

消費者金融のキャッシングの申込みにもいくつかの方法があります。パソコンやケータイ、電話や郵送、もちろん、直接お店に行って申込めますが、誰にも会わずにキャッシングの申込みをしたい方がほとんどだと思います。

誰にも会わず、家族に秘密で申込むならやっぱりパソコンやケータイが便利です。

電話による面倒なやり取りもありませんし、本人確認書類もネットから送れます。

あと、自動契約機も誰とも会わずに申込めるので、パソコンやケータイを持っていない方には、近くの自動契約機で申込むといいでしょう。

ネットから申込むと確認の電話が消費者金融から掛かってきます。この時も消費者金融の名前は言わずに個人名でかけてくるので、家族が電話に出ても安心です。

審査はキャッシングを申込んで早くて1時間、消費者金融にもよりますが2時間ほどで審査結果が分かります。ちなみに限度額は審査によって決まるので、初めて申込む場合は、少なめに申込むと審査も通りやすくなります。

審査が通ったらすぐにお金を振り込んで貰えますし、急いでいる方にもスピーディに対応しています。

最近のキャッシングの申し込み方法について

以前にキャッシングを利用していたことがあったのですが、最近になってまたお金が必要となり大手の消費者金融のホームページでキャッシングの方法について調べてみることにしました。すると以前のような手間が必要なく、インターネットのみで申し込みが可能となっているのです。キャッシングをする際に必ず必要なのは契約です。

しかし、お金を借りる人にとって契約は人に見られたいものではなく、嫌な作業なのです。以前は店頭や無人契約機での契約が必要でしたが、最近ではインターネットで契約完了を行うことができるようになっています。

インターネットで必要事項を書き込み申し込むとメールや電話で連絡がきます。説明を聞き、身分証明をアップロードすれば作業は終了です。審査に通れば連絡があり、キャッシングを行うことができるようになります。カードは後日郵送で届けてもらうことができます。カードが届くまでにお金が必要な場合には、銀行口座への振込みを行ってくれるので、急ぎの場合にも対応することができます。

インターネットでできるのは申し込みだけではありません。返済や振込み依頼も行うことができるようになっています。その際にはインターネットバンキングの口座が必要になります。