カテゴリー: 申し込み

申込み方法の選び方次第で利便性が変わってくるキャッシング

キャッシングを契約するには、申込後に契約をする必要がありますが、その申込み方法は、近年様々なものが増加しています。その中でも、インターネットの普及と共に利用者が増加しているのがWeb申込みです。

利用者の中には無人店舗などで契約機を使って申し込むのに抵抗があったり、使い方が分からなかったり、無人店舗まで足を運ぶのが面倒だったりという色々な理由で契約機による申込みを避けて、スマートフォンからWeb申込みをするケースが増加しています。

キャッシングのWeb申込みをする際には、本人確認書類としてパスポートや運転免許証や健康保険証が必要になりますので、事前に用意し、スマートフォンのカメラ機能でそれらを撮影して所定のフォームから申し込むと良いでしょう。このようなちょっとした事でも、Web申込みによるキャッシングの申込みは便利です。

カードローンは女性でも気軽に利用することができる

女性であっても、突然お金が必要になることは少なくありません。そんな時に便利なサービスが、カードローンです。カードローンといえば、主に男性が利用するサービスというイメージを持つ人もいますが、女性でも問題なく利用することができます。そして、実際に利用を始める女性も増えてきています。

利用をするために必要な条件は、働いていて安定した収入を得ていることです。正社員として働いている人は勿論、アルバイトやパートでも同じ勤務先で継続して働き、毎月安定した収入を得ているのであれば利用可能となっています。カードローンはパソコンやスマートフォンがあれば、店頭や契約機に出向くことなく契約や借入手続きまでできるので、女性でも安心して利用をすることができます。

プロミスの女性専用キャッシングなら主婦でも申込みが出来ます

キャッシングはどちらかと言うと男性のものというイメージを持つかもしれません。しかし今は時代が変わり女性も借入がしやすくなり、主婦でも借りることが出来るキャッシング商品が登場しています。代表的なものとしてはプロミスの女性専用キャッシングであるレディースプロミスです。

こちらはパートやアルバイトによる安定的な収入さえあれば主婦でも申込みが可能となっております。しかも審査の際や相談をする時のオペレーターは全て女性ですので、主婦の方も安心感を持って申し込みをすることが出来るでしょう。

ウェブから申込みをすれば最短でなんと1時間での即日キャッシングにも対応してくれますから、急ぎでお金が必要だという場合でも対応してくれます。50万円以下の希望なら原則収入証明書は無しでも本人確認書類のみでOKです。早速申込みをしてみてください。

キャッシングは学生でも可能なのかどうか

学生でもお金がとても必要になる事もあるでしょう。ですが、そんなときに利用できるサービスがあります。それがキャッシングです。キャッシングサービスは学生でも利用できるのかな、と思うでしょう。実際にはまったく問題ないです。学生なる身分であることを理由に駄目とは法律的になっているわけではないです。

大事なのは収入があるのか、年齢的に問題ないのかという部分になります。ですから、21歳大学生とかであれば問題はないことが多いです。要するに20歳を超えているのかどうか、がポイントです。それによってそもそも貸せるのかどうかが違ってくるからです。学生であること自体はキャッシングに関して問題になることではありませんから、心配はないです。

転職のつなぎに、希望の職業につくために

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。

消費者金融のキャッシングの申込みはネットが便利

急な出費で困った時に消費者金融のキャッシングを利用できると便利です。家族に秘密でお金を借りたい時もあると思いますし、家族にばれないように申込むならネットが便利です。

消費者金融のキャッシングの申込みにもいくつかの方法があります。パソコンやケータイ、電話や郵送、もちろん、直接お店に行って申込めますが、誰にも会わずにキャッシングの申込みをしたい方がほとんどだと思います。

誰にも会わず、家族に秘密で申込むならやっぱりパソコンやケータイが便利です。

電話による面倒なやり取りもありませんし、本人確認書類もネットから送れます。

あと、自動契約機も誰とも会わずに申込めるので、パソコンやケータイを持っていない方には、近くの自動契約機で申込むといいでしょう。

ネットから申込むと確認の電話が消費者金融から掛かってきます。この時も消費者金融の名前は言わずに個人名でかけてくるので、家族が電話に出ても安心です。

審査はキャッシングを申込んで早くて1時間、消費者金融にもよりますが2時間ほどで審査結果が分かります。ちなみに限度額は審査によって決まるので、初めて申込む場合は、少なめに申込むと審査も通りやすくなります。

審査が通ったらすぐにお金を振り込んで貰えますし、急いでいる方にもスピーディに対応しています。

最近のキャッシングの申し込み方法について

以前にキャッシングを利用していたことがあったのですが、最近になってまたお金が必要となり大手の消費者金融のホームページでキャッシングの方法について調べてみることにしました。すると以前のような手間が必要なく、インターネットのみで申し込みが可能となっているのです。キャッシングをする際に必ず必要なのは契約です。

しかし、お金を借りる人にとって契約は人に見られたいものではなく、嫌な作業なのです。以前は店頭や無人契約機での契約が必要でしたが、最近ではインターネットで契約完了を行うことができるようになっています。

インターネットで必要事項を書き込み申し込むとメールや電話で連絡がきます。説明を聞き、身分証明をアップロードすれば作業は終了です。審査に通れば連絡があり、キャッシングを行うことができるようになります。カードは後日郵送で届けてもらうことができます。カードが届くまでにお金が必要な場合には、銀行口座への振込みを行ってくれるので、急ぎの場合にも対応することができます。

インターネットでできるのは申し込みだけではありません。返済や振込み依頼も行うことができるようになっています。その際にはインターネットバンキングの口座が必要になります。