カテゴリー: 審査

キャッシングの審査通過には勤続期間が重要

キャッシングを申し込むなら出来る限り審査に通過しやすい条件を満たしておきたいところですが、意識的に準備ができて重要なポイントは今の職場をどれだけ続けているかという、所謂勤続期間です。

キャッシング会社としては貸したお金は返してもらわなければいけないので、貸す相手に安定した収入があるか、収入がなくならないかは非常に重要。

簡単に仕事を辞めて収入が無くなり、返済が滞りそうな人には貸せないので、信用できるかどうかの基準として勤続期間を見ます。

大まかの目安としては、勤続期間が半年未満だと、仕事をすぐに辞める人なのかを警戒されて、審査は非常に通過しにくくなります。

同じ会社であっても年単位で勤続しているアルバイターと、就職2ヶ月程度の正社員で比べれば、審査を通過しやすいのは勤続期間の長いアルバイターの方です。

また、勤続期間は長ければ長いほど良いというわけではなく、簡単に仕事を辞めないだろうと判断されれば、何年何十年と言う期間が無くても問題ありません。

勤続期間が1年以上、長くても2・3年もあれば、勤続期間は充分審査にプラスとして働きます。

ただし勤続期間は重要なポイントではあっても、それだけあれば絶対審査に通過できると言うものではない、ということは覚えておく必要があります。

キャッシングのスピード審査について

キャッシングの審査はとてもスピーディーに行われます。特にパソコンやスマホなどによるWeb申し込みの場合では、最短で30分程度で審査結果を通知してくれるキャッシング会社もあります。これほどの短時間ながら審査はとても厳密で適切に行われます。申込者の属性や信用情報を的確に分析して返済能力の有無を短時間のうちにきちんと判断するのです。

このスピード審査を可能にしたのが、属性スコアリングによる高速分析です。申込者の属性を重要項目ごとに点数化して審査します。主な項目としては、年収や職業や勤続年数や生年月日などです。また家族構成や、既婚か未婚かや、持ち家か借家か、固定電話や携帯電話の有無や、同じ住所に長年住んでいるかなど、かなり細かい項目があります。これらは申込者の返済能力を判断する上で重要な項目となります。

キャッシングの審査でもう1つ重要なのが申込者の信用情報です。他社借り入れが3社以上あると審査通過は厳しくなります。また総量規制により年収の3分の1を超える借入れがある人はそれ以上の借入れはできません。過去に返済の滞納が3ヶ月以上ある場合も審査落ちしてしまいます。信用情報では、申込者が多重債務者になる可能性があると見なされると審査に通ることはできません。

キャッシング審査は、短時間にとても密度の濃い厳密な審査が行われます。スピーディーな審査は申込者にはとても好評です。これによって即日融資など利便性の高いサービスもスムーズに行えるのです。