パートやアルバイトの人がキャッシングを利用する場合の注意点

消費者金融のキャッシングの申し込み条件は20歳以上で安定した収入があること、となっています。パートやアルバイトで働いている場合はキャッシングの審査に通りにくいと思っている人もいるようですが、非正規で働く人が増えている今、雇用形態はそれほど重視されなくなってきています。

キャッシングの審査で最も重要視されるのは、過去に自己破産などの金融事故を起こした経歴があるかどうかということです。他社から既に借りていて、滞納した記録があるという場合も、審査には通りにくくなります。そのため、初めて申し込んだ人は、比較的審査に通りやすいとも言われています。

パートやアルバイトの人がキャッシングに申し込んだ場合、重要視される点の一つが、同じ職場で長く働いているか、ということです。正社員ではなくても、この先も同じ職場で働き続ける可能性が高ければ審査に通りやすくなります。

希望する借入金額もポイントです。パートやアルバイトの人は年収も低めの傾向があるため、無理なく返済できる金額に留めておくことで審査に通りやすくなるようです。多額の借り入れを希望しても、低めの限度額に設定されることもあります。また、消費者金融のキャッシングでは総量規制という法律によって、年収の3分の1以上は決して借りることができないということも覚えておいた方がいいでしょう。