月別: 2020年3月

毎回利息を支払わずにキャッシングができる?

キャッシングしたお金には利息が掛かるのは当然ですが、大手消費者金融や一部の銀行のカードローンでは契約時に一定期間の無利息サービスを提供しています。この期間中には利息が掛かることはありませんが、原則的に最初の1回のみで、この期間を過ぎてしまうとその後に無利息で借りることは難しいです。

しかし、ノーローンという消費者金融では何度でも無利息で借りることができます。このノーローンはレイクでお馴染みの新生銀行系の消費者金融で、レイクの自動契約機から申込みが行えるのが特徴です。

ノーローンでは契約時にまず7日間の無利息期間が提供されます。これを過ぎてしまっても、一度現在の借り入れを完済すると、その翌月以降の最初の借り入れ時に再びその日から7日間が無利息期間になります。つまり、契約時だけでなく、何度でも無利息サービスを受けることができるのです。

この仕組みをうまく利用して、例えば給料日の7日前以内に借り入れを行い、給料日に完済するということを繰り返せば毎月無利息期間を利用できます。一度の無利息期間こそ短いですが、長く利用することを考えている場合にはおすすめのキャッシングだと言えるかも知れません。

尚、このノーローンは消費者金融としての規模はそれほどでもなく、自前の自動契約機やATMというものがありませんが、レイクのものがそのまま利用できるので利便性に問題はありません。このレイクのATMは手数料が無料だというもの嬉しい点です。

とても頼りになる存在です

25歳を過ぎた頃から、地元の友達や会社の先輩、後輩などが次々と結婚し、ご祝儀や祝いの品など、毎月お金がかかるようになっていきました。

せっかくのお祝いなのに、立て続けに続くので、欠席をしてしまおうかとも思っていたのですが、今までお世話になったので心からお祝いしたい、のちのち後悔したくないという気持ちで、なるべく出席してきたのですが、とうとうお金が辛くなってきて、そんな時にネットの広告でキャッシングを知り、利用してみることにしたのです。

キャッシングには、なんとなく怖いとか不安というネガティブなイメージをもっていたのですが、もうすぐボーナスが支給されることもあり、思い切って利用してみることにしたのです。
キャッシングを利用するために、ネットから自分の基本情報を入力、身分証明書もスマホのカメラで撮影し、送信するだけで手続きは驚くほど簡単にできました。

家から、キャッシングを利用する自動契約機も近かったので、次の日にはお金を手に入れることができたのには、正直驚きました。

計画的に利用することで、お金が必要な時に、カード一つでお金を借りることができるので、いざという時に一枚は持っていると、非常に役立ち、頼りになる存在だなと利用してみて実感しました。

主婦がキャッシングをするための条件

女性の社会進出が進んでいる現在では、兼業主婦が増えています。そして兼業主婦は、働いて収入を得ているわけですから、キャッシングをすることが可能です。特に正社員として働いている主婦は、キャッシングの審査に通過できる可能性が高いと言えます。またパート主婦も、収入が安定していれば、やはりキャッシングを利用できるのです。

逆に言えば、正社員やパートとして働いていない専業主婦には、キャッシングは困難ということです。特に消費者金融でのキャッシングの場合、総量規制により収入が0円という人は利用できない決まりになっています。そのため専業主婦がキャッシングをする場合、まずは職を探すことが肝心と言えます。

ただし銀行系のキャッシングの場合は、専業主婦でも利用できる可能性があります。夫など、自分を扶養している家族に収入があれば、それを使っての返済が可能とみなされるからです。この場合は、その家族の収入証明書を提出すれば、審査に通過しやすくなります。

中には、家族の収入証明書を提出せずに利用できるという銀行系キャッシングもあります。その分限度額が20~30万円と少なめですが、気軽に利用できることから、お金を必要としている専業主婦から注目されています。

キャッシング比較の際に活用する絞り込みサイト

キャッシングを行いたい時には、自身がどのようなサービスを受けたいかをチェックする為にも、絞り込み検索可能なサイトを活用して業者を選ぶ事は有効です。

基本的に貸金業者は金利設定や審査の速度やハードル、使用可能なATMや返済方法等、細かく違ってくる部分がありますから、それらを一括して調べる事が出来るサイト等がありますから、必要な情報収集する上でも便利と言えます。

借入れ限度額や審査時間、融資速度、借入や返済の方法、取扱いサービスの特徴等のチェックリストがあり、それらを絞り込んで検索していくと、自身にとって最も良い貸金業者を見つける事が出来る可能性が高まりますし、実際の使用時にも納得出来る取引が可能です。

少しでも有利な条件でキャッシング出来た方が良いですし、その為にも事前の情報収集がキーポイントになりますから、情報を効率良く収集出来るものは活用していく事が必要になります。

利息の支払いを少しでも小さくしたり、審査が通りにくい状況でも通る業者を探したり、すぐに借入を行える業者を探したりと、キャッシング利用を希望していても優先順位は変わりますから、自身の状況と合わせてサービスをチェックして比較検討した上で利用が有効です。

驚くほど早く終わってしまったので時間潰しが大変でした。

ライブのチケット代を払うのに消費者金融を利用しました。
振り込み期限がかなり迫っていたので、即日融資が可能なところの口コミをネットで読んで、一番口コミが良さそうなところに決めました。

ただ、私はアルバイトですのでそれだけが心配でした。
他の口コミを書いている人は正社員しかいなくて、アルバイトでのカードローン審査の口コミはまったくありませんでした。
正社員の人は即日融資してくれても、アルバイトにはしてくれないんじゃないか、そもそもアルバイトに本当に貸してくれるのかなどとにかく不安でした。

当日は一応無人の自動契約機が使える朝一番で申し込みしました。
早い方が何かあった時の為に良いだろうと思ってそうしたのですが、あっさり借りれてビックリでした。

時間がかなりあまり、その後の時間を潰すのが大変なくらいあっという間でした。
カードローンは何も問題がないと融資までに二時間もかからないんですね。

もっと大掛かりで大変なものを想像していただけに、なかなか眠れなかった昨日の自分に教えてあげたいです。
結局、アルバイトが始めるまでの数時間本屋さんやコンビニで時間を潰しました。

無事お金を借りる事が出来、チケット代の振込みも終わりかなりほっとしました。
今回は色々と良い経験になりました。
周りにカードローンを利用したいという人が現れたら、色々と教えてあげようと思います。

モビットのWEB完結申込を利用して申し込みをする事が出来る2つの条件

モビットは金利が高く設定されていて無利息サービスがないというマイナスな要素がありますが、WEB完結申込を利用して申し込みをすると来店不要で電話連絡が一切なしというメリットがあります。特に職場に電話をかけて在籍確認をする事がなくなるのでモビットのWEB完結申込を利用して申し込みたいと考えている人も多いです。しかしモビットのWEB完結申込を利用して申し込みをする時は条件があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでモビットのWEB完結申込を利用して申し込みをする事が出来る条件を確認していきましょう。

・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている

モビットは口座引落で返済する時に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている事が条件となっています。WEB完結申込を利用して申し込みをすると返済する時は口座引落になるので三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなければいけません。

・社会保険証、組合保険証、給与明細書の写しを提出する事が出来る

モビットのWEB完結申込を利用すると電話連絡が一切なくなるので在籍確認を書類で行う事になります。それで在籍を証明するために社会保険証、組合保険証、給与明細書の写しを提出する事が条件となっています。

学生はキャッシングできるのでしょうか?

学生の場合「キャッシング」ができるのかどうか、分からない事が多いと思います。

答えから言えば「学生でもキャッシングは可能」です。

基本的なキャッシングの申し込み資格は「20歳以上」さらに「安定収入がある」という事が条件になっています。

そのため未成年の学生は基本的にキャッシングができないという事になります。

ただし「親の同意がある場合」さらに「親が連帯保証人になる場合」はOKという金融機関はあります。

この場合は親の承諾を得て、連帯保証人になる事を承諾してもらった上でキャッシングを行う事になります。

しかしほとんどの場合、この相談をした時点で反対されるか、親がお金を貸してくれるかの二者択一になると思います。

未成年者の間はキャッシングに頼るよりも、親にお金を借りる事をおすすめします。

20歳以上の学生でも「アルバイトなどの定期収入」がない場合は、キャッシングの審査に通らないケースがあります。

安定収入がなければ、キャッシングをする事はできないからです。

ただし「親からの仕送り額が多い場合」または「親の勤務先や年収を申告した場合」は審査に通る事があります。

この場合は最終的に親に返済の義務が移行する事が考えられます。

学生がキャッシングをする時は、返済できると確かな自信がある時、親に迷惑を掛けないで済むと思う時だけにしましょう。