月別: 2019年9月

プロミスのおまとめローンの特徴とは

他社ローンの返済負担軽減に便利なローンサービスとしておまとめローンというローンがありますが、大手消費者金融のプロミスはカードローンに加えておまとめローンの取り扱いもあります。プロミスのおまとめローンの情報について整理していきましょう。

・総量規制対象外

プロミスのおまとめローンは貸金業法に基づくサービスであり、消費者金融のサービスでありながら例外的に総量規制対象外とされています。他社ローンの総額が年収の3分の1を超えていても問題なく利用できます。

・主婦や学生でも利用可能

同ローンサービスは満20歳以上65歳以下で安定した収入があれば契約可能です。安定・継続した収入があれば非正規雇用の学生や主婦でも契約ができます。

大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンの比較

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローンなどの大手銀行のカードローンと楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行のカードローンがありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンを比較していきましょう。

大手銀行のカードローンは申込方法によって即日融資に対応してくれる事があります。早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。またネット銀行のカードローンは申込方法がネットのみとなっています。それでパソコンやスマホで手続きを済ませたい人はネット銀行のカードローンを利用するのがオススメです。比較してみると早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローン、便利に手続きをしたい時はネット銀行のカードローンという結論になります。

無利息のカードローンを使って賢くお金を借りよう

急な出費でお金が必要だけど、利息が心配…。大丈夫、カードローンには無利息で借りれる期間を設けている銀行や金融機関があるのです。

無利息の期間、適用条件がカードローン各社によって異なるので、事前にチェックが必要ですが、5万円や10万円程度を借り入れるなら、この無利息カードローンを利用しない手はありません。

無利息の期間は、大きく2つの種類に分けられます。一つ目は契約日の翌日からカウントされる場合。この場合、契約したらすぐにお金を借りないと危険です。二つ目は借り入れ日の翌日からカウントされる場合。この場合は余裕を持って契約することができます。

また、無利息の期間が長いカードローン会社は、一括で完済できない場合に便利です。期間が短い会社だと、無利息の期間内に最低返済額しか返せなかった、といった後悔を生むことになりますので気をつけましょう。

キャッシングの比較で注目するべきポイント

キャッシングは、多くの消費者金融会社から提供されており、それぞれのサービスにおいて違いがありますので、ユーザーは自分の用途にマッチしたキャッシングを探して使っていく事で効果的に活用していく事が出来るでしょう。

ユーザーにとって最適なキャッシングを探すには、それぞれのサービスを比較していくのが有効な手段です。この時に注目するべきポイントとしては、金利と限度額、増額の仕組みです。金利は、返済の時に返済額に影響を与えるものですので、金利が低いキャッシングを選ぶ方がユーザーの返済の負担は軽減出来ます。

キャッシングは、限度額までであれば、何回でも借りる事が出来ますが、貸金業法で総量規制という仕組みが導入されていますので、限度額の総額が年収の3分の1までしか借りられない事を留意しなければいけません。

りそな銀行の2種類のカードローンのメリット

りそな銀行はクイックカードローンとプレミアムカードローンの2種類のカードローンがあります。どちらのカードローンもメリットになる点があるので確認していきましょう。

クイックカードローンは限度額が低く設定されているので上限金利が12.475%と低く設定されています。それによりアルバイトなど収入が少ない人でも返済しやすくなっているので安心して利用する事が出来ます。プレミアムカードローンは限度額が最大800万円に設定されていて上限金利が12.475%と低く設定されている点がメリットになります。限度額が最大800万円で設定されていると金利の設定が高くなる事が多いので低金利だとお金を借りる時のお得感を感じます。

クイックカードローンとプレミアムカードローンのメリットはこのようにあるので自分に適している方を利用してみるといいでしょう。